oppaiの人(´^ω^`)

まぁ日記がてら ちょこちょこっと ゆっくりしていってね


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)

hi どうもおはこんばんちは 僕です(*´ω`*)

最近ブログのアクセス数が増えて 新規アクセスも増えて 何かそんな目に当たるようなこと書いたっけと疑問な今日この頃です(´・ω・`)??
でも純粋に見てくれる人が増えるのは嬉しいことで 皆さんありがとうございます(*´ω`*)

今日からstressfreeはOsu強化月間?のようです(´・ω・`)

eiLさんが1月末に試験があるということなので、勉強頑張ってもらいたいですね!(*´ω`*)
でも私はeiLさんが居ないからってCWやらないのはちょっと反対かな
eiLさんにおんぶに抱っこじゃ、eiLさんにも悪いし 自分は上手くなりたいと思う訳で 人数居るときはやりたいかな!

そんなこんなで今日は朝方珍しいTS面子だったので、AVAで野良疲れたし Osuやろーって思って通話参加ポチっとな

なんか濃密な話しとる(´゜д゜`)

自分はほぼ聞き専でその会話聞きながら色々考えてたんだけど、色々なるほどなーと思える会話

前からうっさんが言ってることだけど
「SRはそのクランの1番上手い人がやるもの」
これは納得 だからRMをやり始めてる最近でありまして
正直抜けないSRと当てれないSRと立ち回りの悪いSRって、RMから見ると 足手まといでしかないと思う
存在価値がない 置物 邪魔 まぁそんな風に見られるでしょう
私は、まぁそんな感じで心が痛くてRMやったりしたりしてる訳ですが SRってCWだと本当に重要だと思うんですよね RMやってるときも味方のSR次第って場面何回もあります

後は入射角 
shenaさん→うっさん→私と回ってきた知識 言われてみれば あーなるほど 今までそこまで考えないで天然でやってたわって感じでした
当たり前なんだけど つい忘れて不利ポジで置いてる事最近多いなーって気づかされた
ちなみに私は理系ではないし、頭が良い訳でもないので 数学式で表せといわれたら無理です ですが数学でもそうだし、AVAでもそうなのです
わかりやすい例として出しますが、極端ですので DS1外周でこんなことが起こることはまずないので、実戦の場合はこれを応用して考えてください

C4のところに敵が出てくると考えてください つまり敵はC4の右側の壁の向こうに居ます
手前の壁との距離 C4の距離 これを見てください
1例目
14_20120109181551.jpg
目の前の壁べったり構えです

では次に2例目
15_20120109181550.jpg
壁から極力離れたところから見ます

C4の見え方からして、全く同じように見えますよね
でもこの2例 相手からすると 自分の姿が見えるタイミング 全然違うんです

1例目は壁にべったり張り付いてるため自分の視界の右半分が消えてる状態です
自分からは右壁 超有利!と思うじゃないですか でもこれ相手の方が先に見えるんですね 入射角が急って言えばいいのかな 理的には答えられませんごめんなさい
2例目は壁から離れてるため、視界は遮られてませんね なので入射角が緩やかっていえばいいのかな 理的には答えられませんごめんなさい part2
ばっちり右壁のため この場合は 相手のほうが先に見えるので有利なのです

自分から出るときも一緒です 目の前の壁にべったり張り付いて 壁が見えてる状態からクリアリングしながら出るのは非常に弱いです 自分のほうが相手から先に見えてしまうためです
なので、背中に壁がある状態で ゆーっくり 緩やかに広くクリアリングしていく方が、相手から先に見えてから自分が視認する差っていうのが縮まります
これは数学とか理系な人に入射角の数式というのを立ててもらうと非常にわかりやすいと思います
私には無理です

兎叉配信を見てる方がいればわかると思いますが
私「今の出方はなかったなぁ・・・」
とかぼやいてる場面あると思います
あれが典型的な上記のパターンなのです

目の前に壁ある状態でクリアリングしながら出てしまい 自分から相手が見えない状態で死ぬ
私「やらかしたー・・・」ってなるわけです
こういう場合は、前進キーを押さずに 左右キーで後ろの壁に近づきながらクリアリングして出て行く というのが正解です

文才もない 学力もない そんな説明でわかり難いかと思いますが、頭の良い理系な人が身内に居る方は是非聞いてみるといいと思います あーなるほど ってなります

出るときも待つときも 後ろから回りこむように これがコツかと
かといって後ろに行き過ぎるとRMが前に出れなくなったり、味方の邪魔になります
出るときは出る、クリアリングするときはクリアリングする 待つときは待つ このメリハリのつけ方が重要かと

まぁあとは回り込むように後ろ壁ゴリゴリやりすぎると AVAには後ろ壁ラグなんてものが存在しまして、影分身してるように見えたりコマ送りになってるように見えたり 非常にタチの悪い行為になってしまいます
なので後ろ壁にふっつかない程度でやるのがお勧めです ラグで勝っても・・・って感じになりますからね

前に強ポジについて書きましたが こういう事の積み重ねが、強ポジとなります
ってことで追記みたいな感じで書き記しました

ってことでばいちゃ
スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

YuN_Artista

Author:YuN_Artista
元Livetube アラド戦記配信者
きちがいかわいい系17歳JK

ガンダムオンライン
S連 Artista 大将 RAKE
Sジ 21歳JD  大将 反逆のRAKE

過去A.V.Aにて活動してた人
大佐4 SD1.884
SR FR
RM M4
PM BlueSkull AKS-74Udesmodus

sensitivity
DPI400 ゲーム内9.0 振り向き30cm

使用デバイス一覧は下のnegitakuから
negitaku


ツイッター
検索フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。